電気主任技術者はなぜ企業に人気なのか

電気というのは現在日本において、一般住宅でも企業でも研究所でもどこでも必要不可欠なものです。

事業所等で法的に責任を持ち、電気を円滑に安全に供給するための知識、技術を持っているのが、電気主任技術者です。

つまり、日本にこうした電気主任技術者資格取得者がいるということは、とても大切なことなのです。

現在利用する電気というのは、誰にでも楽に利用できるという面があります。

技術が発達し素人でも扱えるさまざまな機器があります。

でも、取扱いを間違えると感電や漏電による火災など、大きな事故になることがあります。

このほかにも電気工作物について事故がないように円滑に活用、管理、運用などをおこなうために、保安上の深い知識を持っている専門家が必要となるのです。

だからこそ、様々な分野において電気主任技術者の選任が必要になるのです。

電気主任技術者の場合、事業用工作物において選任が必要となります。

免状交付を受けているもの、大臣・局長の許可を受けて選任したもの、主任技術者を選任、主任技術者を選任せず外部から委託というような選任方法があります。

選任が必要な企業ではもちろん、電気主任技術の資格を持った資格者が必要となりますし、そのために、人気資格となっているのです。

参考リンク》》》http://plant.ten-navi.com/s/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E4%B8%BB%E4%BB%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%80%85/